岩盤浴ダイエットの方法と効果

岩盤浴ダイエットって、どんなダイエット?

岩盤浴ダイエットとは、数年年前から話題になり人気の出てきたダイエット方法の1つです。きつい運動、食事制限などしなくてよく、寝るだけでダイエット効果が得られるという、まさに簡単ダイエットの代名詞のようなダイエット方法ですね。 寝転ぶだけという「岩盤浴ダイエット」は、天然鉱石のボードの上に寝転ぶことで、岩盤から出てくるマイナスイオンと遠赤外線の相乗効果によって新陳代謝が高まり、ダイエットや美容の効果が得られるというものです。他にも、便秘や肌荒れなどにも効果があるといわれており、ダイエットに限らず色々な効果を得ることができるそうです。 最近では、岩盤浴効果が得られるというダイエットグッズもあるようで、わざわざスパやジムに行かなくても、自宅で手軽にできるようになってきたようです。 自宅だろうとジムやスパだろうと、難しいことをするわけではありません。多少の違いはあるにしても、岩盤浴ダイエットの手順は以下のようなものです。

  1. 岩盤の上にバスタオルなどを敷いて、その上で10分~15分程度寝転びます。
  2. その後は暖まった体を一度冷やします。
  3. これを3回繰り返して、あとはシャワーを浴びるだけで終わりです。

至極簡単で、運動とか食事制限とかはないでしょ。ラク~なダイエット方法ではないですか。気をつける点といえば、脱水症状を起こさないように、暖めては冷やすを守ることぐらいでしょうか。スポーツドリンク等で少しづつ水分を補給した方が良いかもしれませんね。終わった後の水分補給も忘れずに。 岩盤浴ダイエットは、非常に体がポカポカして気持ちが良いもので、癒しにもなりそうです。そういう意味でもお勧めのダイエット方法と言えそうです。

岩盤浴ダイエットでなぜ痩せるの?その効能と効果

たっぷり汗をかける岩盤浴には、やせる体をつくる効果がるそうです。岩盤浴をすると「汗を大量にかくのだからやせる」というのは、正しくありません。確かに岩盤浴の後に体重をはかると減少していますが、これはやせたのではなく「汗が出たことにより、一時的に体内の水分が減った」ためです。水を飲めばすぐに体重は元に戻ってしまいますので、やせたことにはなりません。 岩盤浴でやせる体になる本当の理由は、燃焼と排出の2つの効果があるからです。

燃焼効果

やせる体というのは「脂肪が燃焼しやすい体」つまり代謝が活発に行われている体であるといえます。岩盤浴を行うと、体が温まり代謝が活発になります。代謝アップすれば、脂肪が燃え、さらに体が温まるといった高燃焼サイクルができ、やせる体になっていくのです。

排出効果

排出とは有害な物質を体の外に出すことです。有害物質が溶け込んでいる脂肪は、燃えにくい脂肪なのです。 有害物質を体外に出す方法は「排泄」と「発汗」ですが、汗による排出はわずかで、ほとんどが排泄によるものです。しかし岩盤浴で代謝が高まることで、腎臓の働きもよくなり、トイレでの排出にも効果があるとされています。 有害物質を排出すると燃えやすい脂肪に変わるので体もやせるを体質に変わっていくのだそうです。 岩盤浴は、新陳代謝を高めることで様々な健康効果を生み出します。

  • 新陳代謝の促進
  • 免疫力向上
  • 自然治癒力の向上
  • 冷え性の改善
  • 便秘の緩和
  • 肩こりの改善
  • ストレスの解消・軽減など
  • 血液循環の改善
  • 排毒効果(デトックス効果)
  • ダイエット効果
  • 美肌効果(体内コラーゲンの合成)
  • 老化防止

岩盤浴ダイエット実践法

岩盤浴は、毎日では体に負担がかかってしまうので、週に2~3回入るのが理想的なんだそうです。頻繁に通う場合は、1回の入浴時間を短くするなどして、体に無理がかからないように調整する事が必要です。また、頻繁に通えない場合は自宅で半身浴を行い、汗をかきやすい状態を保つようにしましょう。 さらにダイエット効果をアップさせたいときは、岩盤浴の後にウォーキングなどの有酸素運動やマッサージをするとさらによいでしょう。

岩盤浴ダイエットで本当にやせるの?

汗をかくことで有害物質を体外に排出できるのか、科学的・学術的検証が成されていないのが岩盤浴の実態でもあるようです。有害物質を体外に排出するのであれば、デトックスの一形態でもあると言えますね。 では痩せられるのかというと、どうなのでしょうか?岩盤浴(というか温浴効果)で痩せたといった方の口コミなどを見ていると、岩盤浴の他に、食事制限や運動(ステッパーとかストレッチ)などを併用しているようです。やはり、岩盤浴を中心にするにしても、食事や生活習慣などトータルで考えていかないと満足のいく痩身効果は得られないのでは…と思うのでした。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク