適度な運動でダイエット

運動だけでダイエット?

運動はダイエットに不可欠ですね。
「運動すれば体脂肪が燃焼するから、運動すれば痩せられる」と、広く思われていますが、果たして本当なのでしょうか。

結論から言うと、運動そのもので燃焼する体脂肪の量はそれほど多くなく、体重を減らす効果はそれほどでもない…ということになります。

有酸素運動が効果的

運動には、ゆるい運動を一定時間継続する「有酸素運動」と瞬間的に激しい力を必要とする「無酸素運動」があります。体脂肪を燃やしてくれる効果があるのは有酸素運動だというのはご存じですね。具体的には、ウォーキング、水泳、ジョギングなどを10分~20分以上続ける運動がこれに該当します。
では、この有酸素運動を行えば体脂肪が減る、減量ができるのでしょうか。

フルマラソンで42.195キロメートル走り続けることで消費する体脂肪は、わずか280グラムなのだそうです。時速20キロメートル前後で2時間以上走り続けてやっと280グラムしか減少しない…、このように運動だけでダイエットを成功に導くのはキビシイと言えますね。
やはり、食生活と組み合わせることで、効果的なダイエットが組み立てられると言えそうです。

太りにくい体を作る運動

ダイエットにそれほど効果がないといっても、運動をバカにしてはいけません。ゆるやかな運動を継続することは、筋肉の減少を抑え基礎代謝を維持することができるからです。

有酸素運動でダイエット

睡眠や呼吸など、生活をする上で自然に消費される基本エネルギーを基礎代謝と言いますが。この基礎代謝は年齢を重ねるに従って減少していきます。「以前と食事量は変わらないのに体重が増えるようになった」などと言うのはこの基礎代謝が減少したためだと考えて間違いないでしょう。
この基礎代謝ですが、筋肉の量が多いほど高くなります。運動無しでダイエットをしますと、体脂肪が減りますが、同時に筋肉も減少してしまいます。すると、基礎代謝も減少してしまうためにさらに食事量を減らさないと体重を維持できなくなります。太りやすく痩せにくい体に変わってしまったのです。ここに、リバウンドがおそってきたらと考えると、それだけで恐ろしい結果が目に浮かびます。元の体重以上に太ってしまった自分がそこにいるのです。

それでは、運動を行い筋肉を付けながらのダイエットではどうなるでしょう。筋肉の量が維持できるため基礎代謝も維持できますね。もうちょっとガンバって筋肉を増やすようにすれば、さらに基礎代謝が増え「痩せやすい体質」になっていきます。

ダイエット中は適度な運動を継続するようにして、筋肉の量を減少させないというのが大事であるということになります。

適度な運動というのは、有酸素運動を息が上がらない程度で1時間位、週に3回以上続けるのが理想だそうです。忙しくてとても無理という方は、ラジオ体操やストレッチなどの運動を10分間だけでも続けると良いでしょう。

インスリン感受性

運動には、インスリン感受性を高めるという効果も期待できます。インスリン感受性とは、血液中の糖分の代謝を促進してくれるという、ダイエットにプラスに働くとてもうれしい反応のことです。ただし、この反応は3日間運動を休むと元に戻ってしまうそうなので、最低でも一日おきに運動を継続することが必要になりそうです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク