大丈夫?あなたのダイエット

BMIで確かめる、あなたの肥満度

BMI、ご存じの方も多いと思いますが、おさらい程度に。

BIMは、Body mass indexの略で、体格指数とも呼ばれている指標です。肥満治療の際によく使われています。このBMIは、人種により正常値が違うものなのですが、日本人では次のように分類されています。

BMI値による肥満度の分類

日本人の成人では、BMIが25を超えている人が20%程度いると言われています。つまり、5人に一人は肥満、デブであるということですね。BMIが25を超えると、生活習慣病になる確率が普通の人の2倍に跳ね上がるそうですよ。30以上は本格的な肥満として、医師による治療が望ましいとなるようです。

日本人の食生活の欧米化や、生活習慣の変化を考えると、今後ますます肥満が増えていくことが予想されます。

BMI値 肥満度
18.5未満 痩せ
18.5以上25.0未満 普通
25.0以上30.0未満 肥満度1
30.0以上35.0未満 肥満度2
35.0以上40.0未満 肥満度3
40.0以上 肥満度4

そうそう、BMIの計算方法は

BMI=体重(キログラム)÷(身長(メートル)の二乗)  となります。

一例として、身長160cm、体重50キログラムの人のBMIを計算してみると、

BMI=50÷(1.6×1.6)=19.53

ということで、肥満度は「普通」…こんな具合です。

ダイエット情報の氾濫

肥満が増加している…その事実の対極では、ダイエット産業が隆盛を極めているのは皆さんご存じの通りです。多種多様なダイエット情報を目にしない日はないでしょう。それこそ、玉石混淆、ありとあらゆるダイエット情報が絶え間なく垂れ流されています。ダイエット食品、ダイエットグッズのリアルショップやオンラインショップの数の多さは驚くばかりですね。

「食べるだけで痩せられる」「飲むだけで痩せられる」などと言うセールストークにはついつい心を動かされてしまう人も多いのではないでしょうか。このような簡単ダイエット方法はかなりな人気を集めているようです。

そのダイエット方法、大丈夫???

医師から見た「民間のダイエット方法」の多くは、そのほとんどが「痩せられない」か「痩せてもすぐ元通り」、もっとひどいのは「副作用がある」のいずれかに当てはまってしまうそうです。「痩せられない」「すぐ元通り」「健康を崩す」ようなダイエットなら初めからやらない方がよいと言うことになりそうです。

「痩せられるけどすぐ元通り」なダイエットをするとどうなるのでしょう。多くの場合、次のようなコースをたどるのではないでしょうか。

  1. 「痩せられるけどすぐ元通り」なダイエットを行う
  2. とりあえず痩せる。(ラッキ~等と喜ぶでしょう)
  3. でも、すぐリバウンドを起こし元通りかそれ以上の体重になってしまう。
  4. くやしいので、別の様々なダイエットに手を出す。
  5. リバウンドを繰り返す。(健康に影響があるかも)
  6. あきらめる

ここまでいくと、すでに元より痩せにくい体質になってしまっていたり、健康障害や精神的な障害を起こしたりしているかもしれません。間違ったダイエットは、お金も時間も健康も労力も無駄に浪費するだけです。

ダイエットによる副作用には、次のような例が多いようです。

  • 生理不順(整理が止まってしまう、止まったまま戻らない)
  • 肌がカサカサになる
  • 髪の毛が細くなった
  • 精神状態が不安定(イライラなど)
  • 骨粗鬆症になる
  • 胆石症になる

結局、ダイエットを原因とした「飢餓状態」になってしまっているということでしょう。

正しいダイエット方とは

確実に減量ができ、健康を損なわず、元の体重に戻らない確実なダイエット方法はそんなに多くはないようです。様々なダイエットにチャレンジして挫折を繰り返すより、健康的で医学的にも納得できるダイエット方法を選びたいものですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク