ホスピタルダイエットは非常に危険!健康被害続出!!

飲めばやせる、体制ダイエット薬は大変危険!」死者も出ている!!

何ともまぁ、この手の話は昔からよくありましたが、前は中国製だったかな。とにかく、ホスピタルダイエットなどという名称で、一部のダイエッターに人気のタイ製ダイエット薬が「健康被害」をおこすとして、2017年11月、東京都と厚労省が連名で「絶対服用しないように」と異例の警告を出しています。

絶対服用しないように東京都は以下のように呼びかけています。引用します

(1)現在、「MDクリニックダイエット」や「ヤンヒーダイエット」を服用している人は直ちに中止し、医療機関を受診する。
(2)個人輸入した製品の中には、危険な成分が含まれているため、すでに服用している他の医薬品との作用で、重大な健康被害を起こす可能性がある。
(3)個人輸入した医薬品を他人に販売、投与することは違法である。
(4)MDクリニックダイエット関係個人輸入サイト(所在地:タイ)について、厚生労働省に削除要請を行なった。
しかし、J-CASTヘルスケアが調べると、2017年12月4日現在、MDクリニックダイエットの個人輸入サイトはオープンしている。

現在でも「ホスピタルダイエット」で検索すると、検索2位で「ヤンヒー病院公式日本語サイト ヤンヒーホスピタルダイエット薬」が表示されます。中を見てみると、トップページ右上の「処方お申込み」からカンタンに購入申込ができるようです。

一応処方薬であるとの表示と、新規申込フォームで申込者の健康状態を記入するようになっていますが、これで安全性を担保できるとはとうてい思えません。

ホスピタルダイエット薬による健康被害

健康被害まず、すでに4人の死亡者が出ています。

東京都在住の20代の女性の場合、MDクリニックダイエット薬をタイから個人輸入し服用したところ、嘔吐や手足のしびれを発症し医療機関を受診する羽目になった。この「MDクリニックダイエット」は、タイ・バンコクの中心部にあるダイエット専門の医療機関「MDクリニック」が開発した肥満症の治療薬。

厚労省の発表資料によると、2002年以来、東京、神奈川、山梨、愛知、福岡、大分などの都道府県で、医療機関から報告を受けただけで20件の呼吸困難、意識混濁、幻覚、吐き気、めまい、肝機能障害などの事故があり、うち4人が急性心不全などで死亡している。

これらの肥満薬は、タイでは医師の処方により患者の状態を勘案しながら段階的に処方の量や強さを加減しているのだが、個人輸入で入手した場合は薬品の説明書により体重・身長と薬の量・強さの対照表を見ながら、購入者が自己流で飲んでいるのが実情で、しかも日本では認可されていない成分が多く含まれているそうです。その中でもシブトラミンという成分は、元々抗うつ薬として開発されたものであるが、強い食欲抑制作用があり(だからやせ薬になるんでしょうね)ダイエット薬として注目されたが、そのついでに血圧上昇・心拍数増加・頭痛なども引き起こす(副作用)ので日本では承認されていません。

個人輸入であっても麻薬取締法に違反する」と警告

東京都から連絡を受け、厚労省医薬食品監視指導・麻薬対策課も11月9日にタイ製ダイエット薬品の過去の事故を発表、「服用すると命の危険があるばかりが、日本では禁止されている薬物(向精神薬)を含んでいる場合があり、個人輸入であっても麻薬取締法に違反する」と警告した。刑法犯ですよ。手が後ろに回ってしまう可能性もあるということからも、絶体に手を出してはいけないダイエット方法です。

ダイエットで命を落とすなんて

本末転倒です。ダイエットは少しずつ体重が減っていくのを楽しみながら気長に行うのが一番です。無理なダイエット、薬剤に頼ったダイエットは必ずしっぺ返しがあると心得ておいた方が良さそうです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク